*お知らせ

駿河屋がマジで最高! ブログは、
あんしん買取がマジで安心! ブログに移りました。


今度ともよろしくお願いします。


PR

2016年12月25日

渋沢茶房で休憩

渋沢茶房という喫茶店コーナーがあってな。
そこでちょい休憩することにした。

PA0_0011.JPG
ここね。

PA0_0010.JPG
メニュー。
ガラケー画質だから、メニュー読めないと思うけど。

椎名翼の「サンキュ」ブレンド(ほうじ茶+イチゴ)、というのを注文しました。
500円。
これにコースターが1枚付く。
全8種類。

初めこれ、飲み方がわからなかったよ。
え、これカップ開けて飲むの? ってね。
スタバ行った経験あったらわかるんだろうけど。

サイコー君はキョロキョロ辺りを見回して、カップはずして飲んでる人はいないことがわかった。
ストローで飲むのかなと思ったけど、そんなのもらっていない。
カップに細工があった。
無事、飲む。

めちゃ熱い。
歯の詰め物が溶けるんじゃないかと思うぐらい熱い。

味はね、思っていたのと違うかったわw
(ほうじ茶+イチゴ)だろ。
てっきり抹茶オレみたいなやつだと思ってた。
いちご味の甘い感じのやつかなって。
飲んでみたら、基本がほうじ茶だったわ。
(イチゴ+ほうじ茶)じゃなかった。
基本はほうじ茶。甘いと思って飲んだら、予想とまったく違う味であせったわ。

DVD映像を観ながら、お茶をすする。最高だね。
声優さんを替えて、放映されるようだ。
DVD化されて特典が豪華だったら欲しいな。


コースターはこれだ。

P_20161223_230620.jpg

……椎名翼は出なかったか。
右はチラシね。裏は白。

お茶を飲んで一息ついてから、満足げに帰りました。
またこういう機会があれば行ってみたいね。


戦利品、まとめ。


P_20161223_230603.jpg


P_20161223_230639.jpg
こちらはフリーパスのチケット。
これさえあれば、何度でも原画展に入れる。
特典類は初回のときに全部手渡される。


P_20161223_230701.jpg
「サポーターズBOX」
@樋口大輔描き下ろしスペシャルBOX
A樋口大輔メイキングムービーDVD
Bホイッスル!2017年名言カレンダー
Cドレスアップスタイルステッカー2枚


P_20161223_230753.jpg
日替わり特典シール5種。
椎名翼以外はトレード可能です。
椎名翼のバッジ(東京版、大阪版)、東京シールでお願いします。

シール4枚、バッジ3つ、茂樹コースター1枚付けます。


P_20161223_231027.jpg
そして、これがサインをしてもらった画集だ。
物販コーナーで3000円。

P_20161223_231056.jpg


k.jpg

k2.jpg

くま父さんにサプライズのプレゼント。

スルガニャン「お、おいらの宛名は……?」
サイコー君「ごめん。……ない!」

あっ! ……スルガニャン、泣いてどっか行っちゃった。


画集は宝物にします。
原画展、レポート終わり。
楽しかった。

posted by サイコー君 at 01:58 | Comment(0) | ホイッスル! 原画展OSAKAレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物販コーナーの話な

その前に忘れてた。
展示コーナーの最後のとこにパネルがあるんだろ。
んで、そこに人気投票のボードがあるのね。

本命で椎名翼にするか、それともネタで間宮にするか悩んだわ。



で、気づいたのよ。
あれ? 投票シールどこだ? ってな。

鞄の中を見てもないっぽい。
もらい忘れ?
……でも、そうじゃないんだ。
入場特典シールの一部についてたんだよ。

P_20161223_230808.jpg
タブレット画質。

え〜、この右下のやつ?
これ剥がすと、ちょっともったいないじゃん。

大阪人はせこい。
サイコー君もせこい。
……よし、もったいないから投票はやめておこう。

心の中で椎名翼に投票し、俺は展示場を出たよ。
*今、ネットで見ると暫定1位だそうです。
男女から愛される翼君、さすが。


――さて、ここからは物販コーナー。
これも前にちょっと書いたと思うから、細かなとこは省くわ。
戦利品を見てくれ。

P_20161223_230649.jpg
おぉっ、なんてかわいらしい。
900円だったかな。思っていたより少しサイズ大きめ、いいじゃないか。
1個だけ購入。


P_20161223_230711.jpg
クリアファイル。
800円。美しい!


――話変わるが、25日に急遽イベントがあるのか。
全然予想していなかったわけではないが、この日は仕事が……。
バッジ、もう少し欲しかったし、休みだったら普通に行ってたのにな。
まあでもサインもしてもらったし、あまり贅沢言うのはダメだね。


P_20161223_230725.jpg
同人誌。
500円。ラフ画みたいな感じだった。

P_20161223_230830.jpg
バッジ。
銀が300円。ピンクがホロ加工で400円。
今のとこ、ホロ加工したバッジはこの大阪の原画展イベントでしか買えない。

銀3、ピンク2を買いました。
椎名翼当たれ!


開封結果


P_20161223_230930.jpg

2つ当たったぜ!

椎名翼は銀が2種類、ピンクが1種類存在する。(シークレットは「風祭と翼」の絵柄だと思う)

銀で同じやつ、2つか。
できれば別のバージョンがよかったが、まったく問題ない。
3つ買って2つはかなりのもんだ。

ちなみに銀は通称:東京バッジ。
ピンクのは大阪バッジ。

東京バッジは東京の原画展で販売されたから。


ピンクのはさすがにはずしてしまったか。
25分の1の確率だからな。

藤代とか茂樹だったら、高レートなのでトレードにも有利だったんだけど。

イベント限定グッズの買い物は楽しいよ。

posted by サイコー君 at 01:11 | Comment(0) | ホイッスル! 原画展OSAKAレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原画展レポート続き

受付でいろいろ受け取り、そのまま鞄の中に入れたわ。

人はまあまあいた。
椎名翼の絵の前で、ずっといるのも変態っぽいから、そんなに凝視はできなかったわ。
目の描き込みとかすごかったね。
あぁ、こんなに手間かけてんだって。
サッカーボールも模様が細かいの。あ、カラーイラストのやつね。

俺も漫画描いてたから、漫画家目線でも見たわ。
原稿用紙のフチいっぱいまで描いててな。あー、ここまで描くのか。
ホワイトの跡もよくわかるのよ。印刷されたらわかんないけど。

俺のとき、ホワイト使ったら原稿用紙が歪んですごい嫌だったわ。
でも、そんなの関係ないんだな。
大きく修正したいときはその部分を切り抜くんだが、その跡もあったよ。
印刷されたら、ホントわからん。さすがプロの技!

カラーだと、紙がちょっとよれってなるのよ。それも原画を見て確認できたわ。
あー、やっぱりよれってなるんだってね。

原画の迫力はやっぱり違う。
これをミスター味っ子の作者はたったの1000円でファンに販売しているんだろ。
すごすぎるわ。

展示場はけっこう広い。周りは女性ばかり。
奥に進むと、誰でも書き込めるノートがあってだな。
そこに「くま父さん、見参!」とか「スルガニャンだにゃん」とか、そんなの描いちゃダメだぞw
結局、なにも書かなかったわ。
「楽しかったです」ぐらい書いてもよかったかな。
皆の熱いメッセージは少し読んだ。ホイッスル!愛に溢れてたなぁ。


さて、最後のエリアは大きなパネルの展示。
ここのみ、写真撮影可能。

PA0_0009.JPG
これ、持って帰りたかった。
ガラケーの低画質め。サイズ設定ミスかな。
壁紙サイズで撮影したつもりだったが、こんな小さいとは。
ズボンから見える白いスパッツ?(水着のサポーターみたいなやつ)がセクシーでいいよね。

隣に並んで撮影してもらってもよかったかな。
係の人が「写真撮りますよ〜」って言ってたんだが、遠慮しちまった。
欲望を抑えてしまったぜ。

PA0_0008.JPG
他4人。


PA0_0007.JPG
壁には巨大なパネル。

PA0_0006.JPG
脚、細い。

posted by サイコー君 at 00:39 | Comment(0) | ホイッスル! 原画展OSAKAレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

原画展 感想 続き

樋口先生ね、明るくて気さくな方だったよ。
ニコニコ笑って話すもんだから、緊張が少しほぐれたわ。

5分〜10分ほどお話をして、いよいよ本番へ。
お話は「今年、原画展が開催できてよかった。それがまた大阪でもできるなんて嬉しい」というような内容だったような。
鹿島のサッカーが最近話題になったじゃん。そういうのもあって、タイミングが本当に良かったみたいな。


大阪で住んでいてよかったって思えたよ。
大阪のメリット、それぐらい? イベントが東京の次に多いぐらい?
コナンカフェもあったしな。大阪城も見に行こうと思えば、電車で数駅だし。

まあ、大阪の話はいいわ。
んで、横一列ごとに立って並ぶのよ。
俺は7番目ぐらいだったかな。

感動しまくって、泣く人も出てきてよ。
俺も、もらい泣きしそうになったわ。

で、いよいよ俺の番だ。
「よろしくお願いします。くま父さんで……」
「くま父さん?」
「はい。ハンドルネームみたいなものです」
「そうですか。ふふっ」

「(サインしながら)どちらから来たのですか?」
「大阪です。1時間ぐらいかけて」
「好きなキャラクターとかいますか?」
「椎名翼君が好きです。中性的なところが」
「翼は男女から支持されていますね」

というような、こんな会話もしちゃった。
この15秒ぐらいのやり取りが、一生の記念だわ。

画集を受け取って、ありがとうございましたとサイン会場を出る。
嬉しくて顔が緩むのよ。
うほほっ、サインしてもらった上に会話もしてもらった。
なんというサービス精神。
読者・ファンサービスなのだ。

これは……当選ハガキを受け取っていない方が読むのは辛いかもしれない。
でも、こんな内容だったよと、イメージするだけでも楽しんでもらえれば。


そのあとは原画展ではなく、物販コーナーに行きました。
目当てのものが売り切れると、残念なので。

あんなに並んでいた客がこのとき、半分ぐらいになっていた。
まー、物販が始まって1時間以上たったからな。
それでもまだ半分ってのはすごいよね。
50人はいたと思う。
あ、半分以下だわ。
ピーク時、100人は軽く超えてたと思うから。

レジが5台。
といっても、タブレットがレジの代わりなんだけどね。
マクドのメニューみたいに、「これとこれ、ください」というふうに注文。

1万ほど買う人も、ちらほらいたわ。
バッジ10個のまとめ買いとかね。
400円バッジの10個は4000円だよ。

バッジについてはギリギリまで考えて、300円×3個、400円×2個で注文する。
運の要素が絡んでくるのはバッジだけ。
あと、喫茶店のコースターもランダム。
コースターは椎名翼のピンがなかったので、一つでいいと思ってた。
コースター全種とワンドリンクで1800円だったかな。
ワンドリンクとコースター1枚だと、500円。これもまた別の記事で書く。

買った商品を入れる袋はもらえない。
ホイッスル柄の袋も売ってるから、必要な人はそちらを購入してみては。
とりあえず鞄持ってきておいてよかったぜ。

物販コーナーの中にはトレーディングコーナーってのがあるのよ。
そこでバッジを交換したり、買ったものを鞄に詰めたり。
レジのサッカー台みたいな感じかな。
そこに5、60人、ファンたちが激しくバッジを開封してたわ。
俺も参加したかったぜ。「椎名翼のバッジ、持ってる人いませんか?」ってな。
サイコー君は家に帰って開けました。
もっと買っておけば、と後悔。
記念品だからね。もう買えないと思うと、欲しくなるぜ。

いつか誰かとトレードするかもしれないから、来場シールとかコースターは大事に持っとく。

ヤフオクでいくつか出品されてたけど、数時間後に見たら削除されてたわ。
誰かがコメントで突っ込んだのか、良心の呵責? みたいな。
あぁ、これは売っちゃいけないなぁと思ったのかも。
駿河屋で販売されるのを待つのも有りか。
ただ、東京のイベント時に販売されたバッジは、今のところ駿河屋では入荷されていないようだ。
売り切れオンで検索してもヒットしない。

購入したものはあとの記事で紹介。
タブレットで撮ったから、画質もきれいよ。

さて、お次は原画展だ。やっとたぜw
あらかじめ家でプリントしたチケットをスタッフに渡す。
すると、入場特典シール5枚と、サポーターアイテム(DVDとかカレンダー)、再入場のチケットを受け取る。

長くなるから、ここで一旦切るわ。

posted by サイコー君 at 02:23 | Comment(0) | ホイッスル! 原画展OSAKAレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

ガラケー画像で語る、ホイッスル! 原画展

サイズが小さかったわ。
周りはスマホできれいな画像撮っているというのに。

もちろん原画の撮影は禁止だけどね。
パネルとか、許可されたものは撮ってきた。

まず、場所ね。
「トレードセンター前」って駅で、降りた建物の中で展示会が開かれる。
大坂芸術なんたらってところ。ちょっと迷ったわ。

PA0_0013.JPG
駅の電光掲示板? 6つぐらいの広告宣伝が、たぶん順番通りに表示される。
タイミング良くシャッターチャンスを狙うべし。

11時開展でな。10分前ぐらいに着いた。

PA0_0012.JPG

大きな絵ですね。
展示会の前で待っている人はほとんどいなかったの。意外だったわ。

で、彼女たちはどこにいたかw
物販コーナーにいました。200人ぐらいいたかな。

物販は売り切れたらなくなるからね。
原画展より物販のほう優先か。なるほど。
理屈はわかる。賢い。

俺も最後尾に並ぶが、スタッフさんいわく、待ち時間が約1時間とこのこと。

1時間? 
……まずい。余裕でサイン会に遅れてしまう。
サイン会の受付は11時55分までで、現在11時15分。

受付締め切りまでに画集が欲しいんだよ。
画集にサイン入れてもらうから。
これ、無理ゲーか?
――と思ったら、スタッフさんが、
「サイン会に参加される方はこちらでご購入ください」

一番左のレジが画集・サイン会専用になった。
誰も並んでいない。

ということで購入。
グッズはサイン会終わってからでいいや。

そして15分、休憩スペースみたいなとこで画集読んで、時間潰したわ。
30分前になると、サイン会場へ行く。

基本的なスペースとして、
@原画展示
A物販
B喫茶店
Cサイン会

などがある。
入場券が必要なのは@
サイン会の当選ハガキが必要なのは、もちろんC。


30分ほど待つ。
11時15分ぐらいになると、サイン会場に入れる。
俺は前から7番目ぐらいだったわ。

部屋の中は椅子が80〜100脚ぐらいあったかな。
少ないと言えば、少ない。
かなりレアだぞ。この当選ハガキ……。

椅子には紙とえ鉛筆が置かれていた。
その紙には「宛名を書いてね」と書かれている。

宛名かぁー。
サイコー君にするか、それとも本名にするか?

しばらく悩みみました。

結論!
……くま父さんって書こう。

12時2分ぐらいになると、樋口先生がサイン会場に入場された!
たくさんの拍手。これは……興奮が収まりきらんぜ。

サイコー君はなんと最前列。
緊張と嬉しさで、ドキドキワクワクだったな。

posted by サイコー君 at 23:46 | Comment(0) | ホイッスル! 原画展OSAKAレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
PR


福袋 | 福袋 | 通販ショップの駿河屋

現在開催中のキャンペーン|通販ショップの駿河屋


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
Pi.jpg