オリクマ.jpg
オリンピックマを読む

駿河屋の福袋

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
*お知らせ

駿河屋がマジで最高! ブログは、
あんしん買取がマジで安心! ブログに移りました。

2017年02月08日

寺沢大介原画展 レポート その4(完結)

購入してきた原画を紹介。
どれもきれいで大満足です。

P_20170206_232908.jpg
迫力のある絵。
一枚絵が欲しかった。フキダシのとことこどうやって描いているのか、原画ならよくわかりますね。
小さく映った人物も丁寧に描かれています。
どういうシーンなのかはちょっとわからないけど。

P_20170206_232920.jpg
回転寿司のレーンも寿司も、とにかくきれい。
職人と客の細かな描写も感動の域です。
コミックで読んでもおいしそうなんだけど、原画で見るとさらにおいしそうに見えるお寿司!

P_20170206_232951.jpg
アップ。
それほど大きくないコマなのに、この迫力!

P_20170206_232931.jpg
さすが料理漫画です。料理がとにかくおいしそう。
当たり前ですが、トリコとは比較にならない。
トーンやペンの強弱を駆使して、リアル感を出しています。芸術ですよ。

P_20170206_232937.jpg
涎を落とさないように注意!

P_20170206_232959.jpg
わたしも漫画家を目指していた頃がありました。
背景の美しさにウットリ。
参考になりまくりです。ホワイトの使い方もよくわかります。原画ならではですね。

P_20170206_233009.jpg

P_20170206_233018.jpg
このシーンもすごいきれいだった。
雨(嵐に近いかな)、海のシーン。
漫画家のテクニックがふんだんに使われていますね。


そして、ラスト!
これが寺沢先生に描いてもらったサイン。
一生の宝物だ。

P_20170206_233120.jpg

めっちゃ、かっこかわええ!!
癒されるぅ〜。
元気ないときはこれ見て、がんばる。

原画展、めちゃくちゃ面白かったです。
関西エリアにまた原画展が開かれたら行こう〜。

posted by サイコー君 at 00:18 | Comment(4) | 寺沢大介原画展 レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
表紙とかカラー原稿は最初から無かったんですかね?
それとも売り切れですかね?
Posted by at 2017年02月09日 16:32
どうもです。
二日目と最終日に行きました。

表紙はちょっと覚えていないです。
背景のきれいなシーンと、料理のおいしそうなシーンにばかり目がいっていましたから。
あったとしても、ごく少ない枚数だと思います。

上半分が真っ白の原稿は何枚かありました。
空白部分にタイトルが入るのだと思います。

カラー原稿は赤と黒のインクだけとか、そういうのはありましたね。
うまく表現できませんが、何色も塗っているものはなかったと思います。
カラー原稿は1万5000円でした。
枚数は30枚ぐらいだったと思います。
Posted by サイコー君(管理人) at 2017年02月10日 00:12
横から失礼します。
1枚目のマンションは「WARASHI」1巻後半〜2巻前半に収録の「風切りの巻」で、高層マンションが建ったことで妖怪が暴れ出す(強風で住民を転落死させる)ものです。
1月のレイクタウンでは整理券が余ってしまい、ご厚意でWARASHIの高校生キャラと陽太・将太朗のイラストをお願いしてもらいました(URLに貼ってます)。
WARASHIは寺沢先生のオリジナルで(味っ子や将太は編集が企画したもの)それなりに思い入れがあるようで、昨年のBCすし増刊(電子書籍で買えます)の『将太の寿司 制作秘話』でも将太の打診があったときに“料理ものはもうこりごり”と書いてあったりします。

atさん>
1月の越谷でみた限りでは「喰いタン」「修理もん研究室」「キッテデカ」などの2色カラーだけでした。先生が末永く置いてもらえるならという善意で、手放しても構わない原稿だけ販売されています。
Posted by a_la_nozo at 2017年02月13日 23:55
a_la_nozoさん、こんばんは。
詳しい解説、ありがとうございます。
ミスター味っ子以外の知識はほとんどなかったもので、この機会に「WARASHI」を読んでみようと思います。
今の画風より、ミスター味っ子寄りですね。

編集や企画の話は知りませんでした。無知で申し訳ありません。
サイン、めちゃくちゃ豪華じゃないですか〜。
いいですね。
リクエストに応じてくれる寺沢先生が素敵すぎます。
実はわたしも整理券の2枚目をいただけるというチャンスもあったのですが、時間帯の関係上、無理でした。
一生の記念ですね。

こうして各地の情報交換ができるのは、とてもありがたいことです。
関西圏でまた原画展が開かれたら行きます!
「2色カラー」ですね。その言葉が出ませんでした。
Posted by サイコー君(管理人) at 2017年02月14日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


福袋 | 福袋 | 通販ショップの駿河屋

現在開催中のキャンペーン|通販ショップの駿河屋


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
Pi.jpg