オリクマ.jpg
オリンピックマを読む

駿河屋の福袋

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
*お知らせ

駿河屋がマジで最高! ブログは、
あんしん買取がマジで安心! ブログに移りました。

2015年06月28日

トレカ屋開業 その33

  5 カードゲーム大会

 カードゲーム大会をする。
 トーナメント形式だ。
 順番は俺がランダムで決めるのだが、そのときの皆の声が楽しい。
「えー、俺、ここー?」
「わー、いきなり○○君と当たるのかよ。ぜってー負ける」
「やった。一回戦不戦勝!」などである。
 大会は一か月に一回ほど行ったか。
 商品は店の買い物券千円分など。
 参加費は無料にした。
 
 かなり緩い感じの大会だ。
 店での飲み食いもOKなので、大会には参加しないが見るだけのお客さんも多くいた。
 一時間から四時間ほどかけて行う。
 開催曜日は土曜日、日曜日が多い。
 参加人数は多いときで二十人を超える。
 店の中は人だらけだ。
 ギャラリーに囲まれるプレイヤー、そのときの気分はいつもと違う。
 緊張する。非公認の大会といえどもこれは大会、試合なのだ。真剣に取り組む人間の顔はいい。
 
 大会では弱い、強いがはっきりする。
 勝ち方を知らない小学生が参加すると、まず負けるというガチな試合。
 大会当日は、大会前の準備中によくカード売れる。
 その後は全く売れないが、こういうイベントを定期的にしていれば、お客さんも普段から店に来てくれるというわけだ。
 大会の告知は一週間ほど前に行う。
 店に貼り紙で告知するので、ある程度店に通っていないと大会の開催日がわからない。
 ジャッジはカードゲームの詳しい子にやってもらう。
 俺もこの時期になってくると詳しくなってくるので、ジャッジはできた。
 難しいことだけその詳しい子に聞く。
 勇気王は公認試合をする店舗もある。
 そういう大会に参加する子だ。まるで専門家のように詳しい。
 俺も参加することがあったが、優勝はなかった。
 ちょっと詳しい大人が簡単にやられるぐらいだ。そのレベルの高さがわかるだろう。
 大会が終了すると気になるプレイヤーと勝負する交流もある。
 この店を通して友人ができたというケースも多い。
 知らない人間同士がカードゲームを通して友達になる。
 特に小・中学生なんかはすぐに友達を作る。
 大人のお客さんならカードゲームが上手ならば、すぐ子どもたちの人気者になれる。
 子どもにとっては大人のプレイヤーは珍しい。
 持っているカードも珍しいものが多い。
 
 うちの店ではカード屋としてはかなり珍しいであろう、店内でのお客さん同士のトレードを認めている。
 ただ、金銭が飛び交うのはよろしくないので、それはやめてくれと言っている。

 ――カードの値段をまけるという行為。
 つい、やってしまうのだ。だいたいは俺の気分によるのだが。
 主にこの行為を行うときはまとめて買ってくれる人、売り上げがないときなどだ。
 しかしこれをやってしまえば、「まけて、まけて」とずっとお客さんに言われ、今後の販売がスムーズに行かない場面が多々ある。
 一言まけてと言うと値段が下がるかもしれないのなら当然、皆言うだろう。
 
「ねえ、これまけて?」
「んー、五百円のカードか……、まあ確かにちょっと高いからな。じゃあ、百円引きの四百円でどう?」
「もうちょっと」
「んー、じゃあ三百五十円」
「もうちょっと」
「いや、もうこれぐらいで……キリがないからさ」
「じゃあ、五百円のもう一枚買ったら?」
「え?……じゃあ、それなら一枚三百円にしようか」
「二枚で二百五十円にして」
「うーん、それはねえ、ちょっと」
「じゃあ、もう五百円のカード二枚買ったら?」
 もはやクイズだ。何が正しいのか値段をつける本人も混乱してしまう。
 あまりまける行為をそうやってはいけない。
 正規の価格がぼやけてしまうからだ。
 たまに半額セールといって半額で販売することがあった。これなら全員に一定の割引率で提供することができる。

  6 トラブル発生

 トラブルが発生した二件についても紹介しておこう。
 まず一件目はガラスケースを割られることがあった。
 理由、ただ蹴りたかっただけ。
 ……さすが子どもである。
 これはキツイ。今までガラスケースは二つあった。
 それをフルに使ってカードを販売していた。
 それが一つになってしまうのだ。
 ガラスケースからの売り上げが半分になる計算になる。
 俺は子どもに注意をして、それ以上はほとんどお咎めなしだった。
 まあ、怪我でもして大騒ぎされるよりはずっとましである。
 一応、謝罪の言葉も聞けた。
 たぶん、本人もまさか蹴って割れるとは思わなかったのだろう。
 こういう場合は学校に連絡を入れたらいいのか、それとも警察だろうか。
 俺は面倒なことになるのを嫌った。
 泣き寝入りだ。個人事業での備品の破損は痛い。
 もうひとつ新しいガラスケースを買うには俺の財布からお金を出すしかない。
 毎日赤字なのに……。
 店を初めて自分の物を買った記憶がない。
 わずかなお金も家賃や光熱費、クソ商店街費に取られてしまう。
 永久に稼がれないシステム。
 貯金は崩されるばかりだ……。

 もう一件はある日、子どもが一人の大人を連れてきた。
 親子関係ではないみたいだ。
 よくわからない近所付き合いの大人。
 年齢は四十ぐらいか。
 初めは店にあった将棋など指して大人しくしていたが、こいつは憎い!
 ビールを片手に店に入ってくることがあった。
 この時点ですでに酔っ払っている。
 店のお客さんは子どもがほとんどである。
 そんな子が店に酔っ払いのおっさんがビールを飲んでいたらどう思うだろうか?
 店に居づらい、入りにくい。
 
 このおっさんは特にカードゲームをしたり、商品を買ったりすることもない。
 ただの暇つぶし。暇つぶしでこういう店に寄るなと思う。
 一度店に来るとしばらくは店の中を居酒屋扱いされてしまうので、俺は注意することにした。
 店の中で酒類は飲むなと。
 それぐらいいい大人なら言われなくてもだいたい察してほしかったが。
 するとこの男、突然キレ出した。
「ああ、こら、おっさん。今までビール飲んでいても何も言わなかったじゃないか。何で、今さらダメだなんて言うんだ!」
「いつやめてくれるか見ていたのですが、全然やめる気配がなかったので言ったんです。しかも今日のあなたとても酔っていますよね。だから店内でもうビールは飲まないで下さい」
「ああ、お前。俺が置いといたビールの缶、勝手に捨てて。まだ残っていたんだぞ」
「残っていたっていっても数滴でしょう。それに無言で外を出たのならもう帰ったと思うでしょ。放置したゴミを店の人間が捨てて何が悪いんです?」

 酔っ払いの手には新しいビールが数缶と、おつまみが入った袋を持っていた。
 近くのコンビニで買って来たらしい。まだここで酒盛りをするつもりだったなのか?
 俺のことをおっさん扱いする。お前のほうがおっさんだ。
 ついには大声で、店でわめく。本当に迷惑だ。
 わずか数滴しか残っていないビールを俺が捨てたという。
 ……はっきり言ってこいつには消えてほしかった。
 長い時間わめくので仕方なく俺は警察を呼ぶことにした。
 完全に俺が被害者。その日は店を閉めることになった。
 向こうは酔っ払って好き勝手わめいているだけだが、店側としてはキツイ。
 酔っ払いがわめく店、警察が来る店、店のイメージダウンにしかならない。
 それから俺はこの男を店の出入りを禁止した。
 
 しかし、しばらくしてまた来るのだが、俺はかなり冷たく扱った。
 ……この男、知られているところではかなりの問題を起こすトラブル人間だった。
 カラオケでも隣の部屋の壁を叩き、出入り禁止になっている。
 どこでも立ち小便をする。信号を無視して、フラフラ酔っ払って自転車に乗る。
 もう嫌だ!
 子どもがイタズラするのはまだかわいい。
 ガラスケースを割った子も俺は普通に接している。
 ただ、酔っ払いは嫌だ。こいつは許せねえ。

 ……それにしてもウチの店は万引きが多い。
 俺がトイレに行ったときなんかは万引き犯にとってはサービスタイムだ。あらゆるものがなくなる。
 防ぎようがない。……信頼できるお客さんに見ていてもらうしかなかった。
 こういうとき店員がもう一人いればと思う。
 ゲームソフトもまだ店に置いていたのだが、ゲームソフトが半分ほど盗られることに。その数、十本以上だった。
 まとめてカセットを入れていた箱があるのだが、たった少しの隙間から手を伸ばされ盗られてしまった。
 手でない、指だ。指しか入らないスペースから細かい作業で盗む。
 どんなテクだ。なぜそんなことをする?
 本当に万引きする人間の気持ちがわからない。なぜ盗るんだ。
 俺がそれでどれだけ迷惑な思いをするか、彼らは少しも考えないのだろう。
 平然と犯罪行為をする人間は一緒にいて何のメリットもない。
 ただの有害的な存在だ。
 このときの損害額は二万円以上。
 それが失われた。ゲームソフトの箱だけが無残に残された。

 金庫を購入した。またお金がかかる。
 入るお金が少ないのに対し、出ていくお金が多すぎる。
 明らかに上手く経営されていない。誰が見てもそれはすぐわかる。
 金庫はかなり重い。その割に少ししか手に入らない。
 ……開け閉めが徐々に面倒になってきた。
 だいたい、店の商品を金庫に入れて、売れるたびに金庫の開け閉めをする店がどこにあるか。
posted by サイコー君 at 18:49 | Comment(0) | トレカ屋開業(自作ラノベです) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


福袋 | 福袋 | 通販ショップの駿河屋

現在開催中のキャンペーン|通販ショップの駿河屋


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
Pi.jpg